読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Powerpoint VBAを使おう!

Powerpoint VBAやExcelのVBAで遊んでいます。Word VBAも始めました。

Powerpoint VBAで波動シミュレーション 仕様作成

Powerpoint VBA

今のところ,波の表示部を縦500px 横800px位を想定しています。

普段話をするとき,例えば比例なんかも xを2倍,3倍すると,yも2倍,3倍となっていくのが比例だよ,と話します。

なので,気持ち3倍の波を完全に表示できる必要があると考えるので,それよりちょっと増やして,4波長表示できる幅を基準としたい。

5px間隔で横を規定するつもりでいるので,800÷5=160個のポイントを考えます。なので,コレクションのほうは,160個のNullを入れて用意する。

縦も同じように考えて3倍まで表示したいんですが,縦狭いのでそれは無理。まぁ2.5倍まで表現できればいいとすると,振幅は100pxが基準かなぁ。

160個のポイントで4波長,つまり,1波長には40個のポイント(5✖40=200px)と考えられる。

じゃ40カウントを1周期とするのかというと,40カウントって長いなぁと私は感じるので,半分の20カウントで1周期としよう。

すると,基本の波の速さは v=λ/Tで 2ポイント/カウント とできるかな。

ほんと完全に忘れている中,波動を自分が苦手なので作っているので 間違ってたら 生暖かい目で見守るか,痛烈な批判をお願いします。


こうして,基本の波をだいたいイメージすることができました。上のような流れで考えて,
f:id:chemiphys:20170221230907p:plain

こんな感じの想定にしてこの波を基準の大きさにする。

基本はこれを整数倍したり整数で割るようなものを自由に作れるようにしていけば,イメージを助けるものが作れるんじゃないかなぁ。

横が等間隔なので,当然速い波は,カウンタが1増えたら数ポイント進むように作らないと,速さが表現できない。

そこらへんを考慮して,実際に波のクラスモジュールを形作っていきたいなーと,思います。

イメージを固めたら,それをコードにするだけだから,明日か明後日くらいからできるかな~